派遣社員の年末調整は?

派遣社員の悩み解決110番TOP >> 派遣社員の悩みFAQ >> 派遣社員の年末調整は?

派遣社員の年末調整は?

派遣社員として働いていてもらう給料は、毎月所得税が引かれてその残りが手元に残ります。年末調整は、その税金の金額が多かったり少なかったりした場合の調整を、会社が代わりに行ってくれる仕組みです。通常は、勤務している会社が年末に年末調整の紙を配って記載し、必要であれば所得控除に関係する書類などを提出します。派遣社員の場合には、実際に業務を行っている派遣先の会社ではなく、雇用されている派遣会社に年末調整の書類を提出することとなります。年収の金額や、所得控除となる書類などによっては、還付金として納めすぎた税金が戻ってくることがあるので、年末調整は必ず行わないと損をしてしまう場合がありますので注意しましょう。一般的には派遣社員の場合は、会社で年末調整を行う会社がほとんどだと思いますが、中には年末調整を行ってくれない会社もあります。

派遣社員が年末調整を行う際に、別途提出することのある書類は幾つかあります。例えばよくあるのが生命保険料の控除証明です。任意で加入している生命保険の保険料は、控除対象となるので、年末に生命保険会社から送られてくる控除証明のハガキをなくさないように保管しておきましょう。他にも、損害保険の料金も生命保険と同様に控除対象となりますので、こちらも送られてくるハガキが必要です。また確定拠出年金の掛け金であったり、国民年金や国民健康保険、社会保険などの支払い料金の証明書なども利用します。

既婚者の方の場合、配偶者特別控除が受けられる場合があります。これは、配偶者の年収が103万円以下の場合に対象となるものですので、配偶者の年収がわかる源泉徴収票を提出することで受けることができます。例外として、本人の所得額が一千万円以上となる場合には、配偶者特別控除は受けることができません。

このように、派遣社員でも年末調整は必ず行うことをお勧めします。通常であれば、派遣元の会社で年末調整をするように促してくれますが、万が一派遣会社が年末調整を行ってくれない場合には、少々手間がかかりますが、確定申告をすることをお勧めします。会社で年末調整を行わない場合、自分で確定申告を行うことで、年末調整と同様に所得控除などの申請をすることができます。そして、払いすぎた税金がある場合には、後日還付金として返還されますし、逆に足りなければ、再度納めることとなります。また、派遣社員としてだけでなく、他にも仕事をしている場合には、年末調整は一社でしかできないので、確定申告も必要となる場合があります。

派遣社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.