派遣社員の失業保険は?

派遣社員の悩み解決110番TOP >> 派遣社員の悩みFAQ >> 派遣社員の失業保険は?

派遣社員の失業保険は?

仕事がなくなってしまった時に、次の仕事をすぐに見つけられればいいですが、なかなかそうもいかない場合があります。そんな時に仕事を見つけるまでの間の生活費を支えてくれるのが失業保険です。しかし、失業保険は派遣社員でももらうことができるのでしょうか。

失業保険とは、厳密には雇用保険の中の失業手当というものになりますが、この雇用保険は正社員だけが対象となる保険ではありません。派遣社員はもちろんのこと、アルバイトであったりパートでも加入することができます。雇用保険は従業員を雇う企業は必ず加入することが必要な保険なのです。ただし、派遣社員やアルバイトやパートの方の場合には、満たさなくてはならない基準があり、その基準を満たすと必ず加入しなくてはならないものとなります。具体的に基準について説明すると、まず一週間の労働時間の合計が20時間以上であること、そして、31日以上続けて雇用されること(見込みがあること)、のふたつです。つまり、一定の量を継続して働く契約を結んでいれば、雇用保険に加入が必要となる訳です。ただし、年齢制限があって65歳以上になると、新たに雇用保険に加入することはできないことになっています。

もし、派遣社員が仕事を失ってしまって雇用保険の失業手当を受給したい場合には、申請をすることで受け取ることができます。まず失業手当は、次の仕事を探していて、再就職をすることを前提としていますので、仕事を探していない、仕事をするつもりがない方には支給されません。失業手当を受給するには雇用保険被保険者離職票を公共職業安定所に提出します。一定の基準を満たしていて失業手当の受給資格があると認めてもらえたら、受給可能となります。ただし、この離職については理由によっても変わってきます。もし、離職した理由が会社都合ではなかった場合には、すぐに失業手当をもらうことはできません。普通であればすぐに受給できる失業手当ですが、この場合には3ヶ月後からの受給になってしまいますので注意が必要です。

失業手当受給の資格を持っている場合には、必要な書類の提出と共に説明会に参加が必要となります。説明会に参加することで、失業認定日が決まり、公共職業安定所にいくことで失業手当を受け取ることとなります。こうして手に入れられる失業手当の金額ですが、失業前の6ヶ月間の一日あたりの賃金から計算されており、離職した際の年齢などによっても変動します。

派遣社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.