派遣社員の確定申告は?

派遣社員の悩み解決110番TOP >> 派遣社員の悩みFAQ >> 派遣社員の確定申告は?

派遣社員の確定申告は?

毎年二月頃になると、確定申告のシーズンとなります。確定申告をするのは、個人事業主など商売をしている方だけがするというイメージを持っている方も多いようですが、派遣社員でも確定申告をする方がいます。では、派遣社員で確定申告をする場合とはどんな場合なのか、幾つかのパターンを見てみましょう。

まず一つ目は、会社で年末調整を行わなかったひとです。具体的には、契約の関係で中途半端な時期に退社してしまって、年末調整をしなかった方や、派遣会社でそもそも年末調整をしていない場合などです。また、年間の医療費が何らかの理由で十万円を超えていたりした方も確定申告をした方がいいです。なぜかというと、確定申告をすることで、払いすぎた税金が還付される可能性があるからです。確定申告をすることでお金が戻ってくるので是非やっておいた方がいいですが、これらの場合には確定申告をしなくても問題はありません。

次に、派遣社員として働いている仕事とは別に副業を行っていて、その副業の収入が年間二十万円を超える方です。この場合は、副業の内容に関わらず必ず確定申告を行わないと脱税になってしまうので、必ず確定申告をしましょう。また、二つ以上の会社に在籍している方も、会社で年末調整はしてもそれぞれの会社からもらっている給料が二十万円以上の場合には、確定申告をしなくてはいけない場合があります。さらに、会社からの年間の収入が二千万円を超えている場合は、そもそも年末調整を行えないので、確定申告をしなくてはいけません。ただし、派遣社員で年収二千万円を超えるというのは非常に稀なことなので、あまり考えなくて良いでしょう。

まとめとしては、派遣社員として普通に働いているだけであれば、特に確定申告をする必要はありません。会社で年末調整を行っている場合が殆どです。ただ、税金が還付される場合があるので、医療費が高額だったり、住宅ローンがあったり、災害に遭った、寄付をしたなど特殊な出費があった場合には、確定申告をするかどうかを確認した方が良いでしょう。最近では副業をしている方も多いですが、副収入が年間二十万円を超えると必ず確定申告が必要になります。そして、脱税を行っていないかは常に国税庁が調査をしていますので、ちょっとくらいならばれないだろうという気持ちでいてもならずばれて、罰則を受けることとなります。特にネットの副業は納税の義務があることを知らずに行っている方も多いですが、FXや株式投資なども確定申告をしなくてはなりません。必要な方は必ず確定申告を行いましょう。

派遣社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.