派遣社員の税金対策は?

派遣社員の悩み解決110番TOP >> 派遣社員の悩みFAQ >> 派遣社員の税金対策は?

派遣社員の税金対策は?

税金対策というと、お金持ちの方がたくさん税金を持っていかれないように、経費であれこれ購入するというイメージが強いですが、税金対策とはあくまで無駄に税金を多く支払ってしまわないようにすることです。決して違法なことをするのではありません。また、お金持ちでなくてもサラリーマンでも派遣社員でも税金対策をする方法はいろいろあります。では、派遣社員ができる税金対策について見てみましょう。

まずはじめに、派遣社員ができる税金対策ですが、これができるタイミングは年末調整か確定申告です。年末調整や確定申告をすることで、多く支払いすぎてしまった税金を取り戻すことができるのです。払いすぎた税金を取り戻すには、各種税金控除を利用します。たとえば、生命保険に加入しているなら、毎月支払っている保険料は、生命保険控除として申請することができます。仮に年間10万円の保険料を支払っていた場合には、その10万円を所得から差し引くことができますので、その分税金が安くなるのです。

この他にも、年間10万円以上医療費がかかってしまったら医療費控除が利用できます。医療費控除となる医療費の計算には、診察代金や薬代金はもちろんですが、その病気やケガの治療に必要なものを購入したりした代金や通院時の交通費なども含めることができます。もう一つ大きいのが、扶養控除です。扶養控除は扶養している家族が1人いると所得から一定額を控除できますので、扶養家族が多ければそれだけ節税につながります。また、特殊なものとしては雑損控除があります。雑損控除は、災害などで被害を受けた場合に利用できる控除で、被害額と保険料などから計算されます。

そして近年人気が急増しているのが、ふるさと納税です。ふるさと納税は、全国各地の地方自治体を任意で選んで寄付をすることができます。その寄付金額を所得税から差し引くことで税金を安くすることができます。ただ、ふるさと納税はこうした税金を安くするだけでなく、寄付をした地方自治体ごとに用意された返礼品を受け取ることが出来るのが醍醐味です。各地方自治体では、その土地ごとの名産品となる作物であったり、地元で作られているお酒や畜産物なども用意されており、それぞれ寄付金額ごとに受け取れる返礼品が決まっています。ふるさと納税では実質2000円の負担だけで、あとの寄付金は控除となりその上いろいろな返礼品がもらえるということで、非常に人気があります。

派遣社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.