派遣社員で扶養内で働くには?

派遣社員の悩み解決110番TOP >> 派遣社員の悩みFAQ >> 派遣社員で扶養内で働くには?

派遣社員で扶養内で働くには?

既婚の女性で、夫の扶養扱いとなっているかたでも、派遣社員として働いているかたはたくさんいます。しかし、ここでひとつ気をつけなくてはいけないのが、税金の問題です。扶養となっている方が働くことは全く問題ありませんが、働きすぎて一定の収入を超えてしまうと、扶養の枠から外れてしまうことになります。では、扶養内で派遣社員として働くにはどういった点に気をつければよいのでしょうか。

まずはじめに年間の所得についてです。扶養内で働きたいのなら、年収が103万円以内でなくてはなりません。これを超える年収分働いてしまうと、所得に対して税金が課税されてしまいます。ですから、たくさん稼ぎたいと言って年収103万円を超える収入を手にしてしまうと、課税されることで返って手元に残るお金が少なくなってしまう場合もあります。さらに、103万円を超えて年収130万円をも超えてしまうと、今度は社会保険を自ら収める必要が出てきます。ですから、この130万円を超えない範囲で派遣社員として働かなくてはなりません。

また、扶養になっている場合には、配偶者控除や配偶者特別控除というものもありますので、これを適用される際にも配偶者の年収が103万円までであれば適用されますが、103万円を超える収入になってしまうと、配偶者控除が適用されなくなってしまいます。また、配偶者特別控除の方は年収141万円が境目となっていますので、この金額を超えると特別控除もされなくなってしまいます。つまり、103万円や130万円を超える働きをして年収を増やしてしまうと、その年収に対し所得税が課されて税金を新たに支払うことになってしまったり、社会保険にみずから加入して保険料を支払わなくてはいけなくなるので、扶養から外れることとなり、結果的に手取り額が減ってしまう恐れがあるということです。

もちろん、さらに年収アップできれは手元に残るお金は増えて行きますが、扶養となっている方が派遣社員として働く場合には、なかなかそこまで一気に年収アップは難しいのが現実です。そうなると、年収を一定の金額に抑えるように労働時間を調整するなどして、103万円や130万円といった壁を越えることがないように上手に働くという方法もあります。もし、派遣社員として扶養内で働きたい場合には、登録している派遣会社へその旨を伝えて相談することで、扶養内で働くことに協力してくれる派遣先を紹介してもらうこともできます。

派遣社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.