派遣社員は副業可能?

派遣社員の悩み解決110番TOP >> 派遣社員の悩みFAQ >> 派遣社員は副業可能?

派遣社員は副業可能?

正社員の多くは、会社の就業規則で副業を禁止とされています。その理由は、社員が副業ばかり頑張ってしまって、本業がおざなりになることを防ぐためです。では、派遣社員はどうでしょうか。派遣社員は、派遣元の派遣会社の社員なので、派遣会社の就業規則に副業禁止となっていなければ、副業をしても問題ありません。たとえ、派遣先の企業の就業規則に副業禁止とあったとしても、派遣社員はあくまで派遣会社の社員なので派遣先の就業規則にある副業禁止は影響しません。ただし、当然ですが派遣社員であったとしても、派遣先での仕事はきちんとこなさなくてはなりませんので、そちらに悪影響が出ないように気をつけましょう。

正社員は副業できないけど、派遣社員なら副業ができるということを理由に派遣社員をしている方も多いです。将来的に大きくしたいビジネスがあって、起業したはいいけれどまだそれ一本で食べてはいけないから、派遣社員として働きつつ副業として事業を行う方もいます。そうした方にとっては、派遣社員はアルバイトよりも給料が良いので適している働き方と言えるでしょう。ただし、派遣会社の中にも副業を禁止しているところがありますので、事前に派遣会社の就業規則を確認したり、派遣元の担当者へ確認をしてみましょう。

派遣社員が副業を行っていた場合に気をつけたいのが、確定申告です。普通に派遣社員としてだけ働いている場合には、それほど確定申告をする機会は訪れないと思います。しかし、派遣社員と副業を行っていると、確定申告をしたほうが良い場合や、しなくてはならなくなる場合があります。最もわかりやすいのは、副業としての年収が20万円を超えた場合です。この場合には、確定申告をする義務が発生します。派遣社員として働いている派遣元から年末にもらう源泉徴収票を添付し、その収入も計算にいれたうえで確定申告を行いましょう。もし、税金を多く支払いすぎていた場合には還付されますし、少なかった場合にはさらに税金を支払うことになります。

派遣社員が副業で年収20万円を超える場合というのは、多くが事業としてしっかり取り組んでいることと思います。そういう場合には、副業の方を完全に事業という形にして個人事業主として開業し、確定申告は青色申告に切り替えると、年間65万円の所得控除が受けられますので、税金を安く抑えたい方にはおすすめです。派遣社員が個人事業主として開業届けを出すことは、派遣会社で禁止されていない限りは問題ありません。

派遣社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.