派遣社員の定年は?

派遣社員の悩み解決110番TOP >> 派遣社員の悩みFAQ >> 派遣社員の定年は?

派遣社員の定年は?

正社員は、企業によって定年の年齢が違います。派遣社員の場合は、そもそも定年という概念はあるのでしょうか。派遣社員や正社員の転職は35歳が限界という話をよく耳にします。35歳を過ぎると転職も、派遣社員として働くこともなかなか難しくなるということですが、それであれば派遣社員の定年はないのでしょうか。実は、定年という制度は正社員の場合にだけある制度なので、派遣社員の場合には定年という概念は存在しません。ただし、やはり年齢を重ねていくと派遣社員として働きたくても、派遣先がなかなか見つかりません。どの企業でも、いきなり仕事のわからない新人として50代の方が入ってきても扱いに困ってしまうからです。また、先々のキャリア形成を考えてもあまり高齢だとそれが無意味になってしまうからです。

ただ、逆に定年後の方が働くことができる派遣先というものも近年増えてきています。定年退職をしたけれど、まだまだ働きたいという意欲のある方や、定年後の生活が年金だけでは苦しいのでお金を稼ぎたいという方もいます。そうした方のために、高齢者でも働くことができる仕事を用意している派遣会社もあるのです。定年前に働いていた業種や職業とは必ずしも一致しないかもしれませんが、それでも定年後に働くことができるということで人気があります。

中には、定年後はアルバイトをしているという方もいますが、そこはやはり派遣社員の方が賃金であったり雇用待遇などは良い場合が多いです。また、通常派遣社員は契約が最長で3年という決まりがあり、3年経過すると契約更新せずに終了するか、または正社員として直接雇用をしないとならない決まりがあります。ですが、この決まりは60歳以上の方には適用されないので、定年後の方は派遣社員として何年でも働くことができます。定年後の方は、すでに会社を退職していますから契約期間に制限を設ける意味がない為、無期限での契約が可能となるのです。

定年退職後の方が派遣社員として働き始めるパターンはありますが、逆にずっと派遣社員で働いてきた方が、契約を更新されないというパターンもあります。派遣社員には定年がないので決してこれは定年退職ではありませんが、あまり長く派遣社員として就業し続けると表面上は、別の理由であっても実質的には年齢が理由ということもあるようです。特に3年が経過したのちは、直接雇用するよりも新たに派遣社員と契約する方が企業側にとって負担が少ないためです。

派遣社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.