派遣社員は産休・育休はとれる?

派遣社員の悩み解決110番TOP >> 派遣社員の悩みFAQ >> 派遣社員は産休・育休はとれる?

派遣社員は産休・育休はとれる?

昔に比べて、日本の企業でも産休や育休を取ることができる環境は徐々に整ってきています。では、派遣社員の場合はどうなのでしょうか。これはまず法律的に認められている部分と、会社ごとに違う決まりがありますので、それぞれをみていきましょう。

まず産休についてです。産休とはつまり、出産前から出産後までの間の休みとなりますが、これは労働基準法でしっかりと定められていますので、もちろん派遣社員でも取得することが可能となっています。ただし、出産前の休暇については本人の希望次第なので、希望しなければとらなくても問題ありません。それに対し出産後の休暇は労働基準法で必ず企業側が取得させなくてはならないものとなっています。出産してすぐに働くのは母体に負担が大きいですし、当然の権利と言えます。

出産後は最低6週間の産休が認められることとなっており、本人の意思と医師からの許可があれば復帰可能ですが、通常は8週間までの休みが確保できます。ちなみに、産休を取得できる条件として出産前は、出産予定日の6週間前になれば、希望することで取得が可能になります。なお、派遣社員の場合には産休の請求先は働いている会社へではなく、雇用されている派遣会社になりますので注意しましょう。また、特殊な例として、もし妊娠しているのが双子以上であった場合には、出産予定日の14週前から産休を取ることもできます。

一方、育休についてはどうでしょうか。育休についても、育児介護休業法という法律に定められていて、いくつかの条件を満たしていれば取得することができます。まず一つ目が、現在雇用されている派遣会社に1年以上雇用されていること。つまり、現在の派遣会社に勤め始めて1年未満では育休は取得できないのです。また、子供が1歳の誕生日を迎えた日以降も契約が更新されて雇用され続けることが見込めるかどうかという条件もあります。これについては、派遣会社への確認をすることが必要となります。最後にもうひとつの条件は、子供が2歳の誕生日を迎えた日以降も契約が継続される可能性があるかどうかです。こちらについても、派遣会社への確認が必要となるでしょう。

日本は海外と比べて産休や育休の制度になじみが薄い為、まだまだ理解されていなかったり知られていなかったりすることが多いです。しかし、必要な育休や産休は労働基準法などによりきちんと定められていますので、権利を正しく理解して、子育ての時間を確保しましょう。

派遣社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.