派遣社員の職務経歴書の書き方は?

派遣社員の悩み解決110番TOP >> 派遣社員の悩みFAQ >> 派遣社員の職務経歴書の書き方は?

派遣社員の職務経歴書の書き方は?

派遣社員が次の職場を選ぶに当たり、派遣社員ではなく正社員雇用を目指す場合、履歴書と一緒に職務経歴書の提出を求められることがあります。また、派遣社員から正社員となる場合や紹介予定派遣などで派遣社員から正社員へ切り替わる場合などには、職務経歴書の提出が必要となることがあります。中には、履歴書は何度も書いてきたけれど、職務経歴書は書いたことがないという方もいらっしゃるでしょう。そこで、基本的な職務経歴書の書き方と、その中で派遣社員の場合はどのように書くのかをご紹介していきます。

まず、職務経歴書ですが、これは履歴書をより詳しく書いたものといった認識で問題ありません。履歴書は、何年にどこの会社に入っていつ退社した、といった具合に時系列での入社や退社に関する情報しかわかりません。しかし、採用する企業側としても、それだけではあなたがどんな人物でどんな仕事ができるのかは読み取ることができません。そういう場合に、職務経歴書が必要となります。職務経歴書には、まず履歴書と同じようにいつどこで働いていたかという内容を記載します。さらに、それぞれの会社でどんな部署にいて、どんな仕事をしていたかという細かな情報も記載します。同じ会社にずっと勤めていたとしても、例えば部署異動があったり、業務内容が変わったり、営業から総務になるなど職種が変わるということもよくあることです。

そうした内容を職務経歴書には記載していきます。ただ、職務経歴書の重要なところは詳しい情報を伝えるという部分だけではありません。そこに、自分をアピールするチャンスがあるのです。具体的にどんな仕事をしてきて、どんな経験を積み、どんなことをする能力があなたにあるのかを書くことができます。もし、前職が営業職である場合には、たとえばどんな活動を行ってどんな成果を上げられたかを数値などで表現できれば、より相手に伝わりやすいでしょう。社内で表彰などを受けた経験がある場合には、それも記載しておきます。そうすることで、あなたのスキルや能力を理解してもらうことができます。

派遣社員の経歴を職務経歴書に書く場合ですが、履歴書と同じように派遣社員として派遣先で働いていたことがわかるように記載されていれば問題ありません。あとは、上記でご紹介しましたがどの部署でどんな仕事をしたかを記載します。このあたりは正社員であっても派遣社員であっても書き方はかわりませんので、自分をアピールできるポイントがあればどんどん書きましょう。

派遣社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.