派遣社員の復職のしやすさは?

派遣社員の悩み解決110番TOP >> 派遣社員の悩みFAQ >> 派遣社員の復職のしやすさは?

派遣社員の復職のしやすさは?

近年、育児休業を取りやすくするようにと取り組んでいる企業が増えてきています。それにより、社員も以前に比べて堂々と育児休業を取って育児に費やす時間を確保できるようになってきています。育児休業は、正社員だけでなく派遣社員にも取ることができる権利です。しかし、そこで気になるのが育児休業後の復職についてです。休みはとることができたものの、以前と同じように職場に復帰できなければ、それは休業ではなく退職です。育児が落ち着いた段階で復職して家計を安定させたいと考える方は多いです。そこで、派遣社員の育児休業後の復職について調べてみました。

まず、派遣社員が育児休業に入るには、同じ派遣会社へ1年以上雇用されていることが第一の条件となります。次に、生まれた子供が1歳を迎える日以降も継続してその派遣会社に雇用されていることが見込めなくてはなりません。さらにもうひとつ、子供が2歳になる時にも契約が継続する見込みがなくてはなりません。これらの条件を満たしてはじめて取得できる派遣社員の育児休業ですが、これらの条件は満たすことができる方はいます。

しかし、心配なのはその後の復帰状況です。子供が生まれれば当然それからの生活費やいろいろな出費が考えられますし、将来的なことを考えてなんとか母親も収入を確保しておきたいところです。しかし、産休や育休を取るに当たり一度職場を離れてしまうと、育休明けですぐに新しい派遣先を紹介してもらえるかどうかは、なんともいえないところです。というのも、産休や育休の間にあなたが派遣されていた企業は一人人員が減ってしまいますので、当然ですが代わりに別の人材が派遣されます。そうなると、あなたが復職できるようになったからといって、その方を退職させてあなたを復帰、という訳にはいかないからです。

育児休業後の復帰は、子供を預ける保育園の問題も絡んできます。夫婦共働きの場合、母親が働きに出るとその間子供の面倒を見てもらうために保育園などを利用することとなります。しかし、保育園は母親が働いていて育児ができないという理由がなくては入園できません。厳密にはできなくはありませんが、待機児童が大勢いる中では、仕事がある方の方が優先的に入園できるようになっています。つまり、派遣先が決まらないことには子供を保育園に入れることができないのです。こうした現状があるため、育児休業明けの復職は、母親にとってはとても重大な問題です。

派遣社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.