派遣社員の3年ルールとは?

派遣社員の悩み解決110番TOP >> 派遣社員の悩みFAQ >> 派遣社員の3年ルールとは?

派遣社員の3年ルールとは?

派遣社員の3年ルールというものを耳にしたことがある方は多いでしょう。これは、派遣社員に関する労働派遣法という法律で定められているもので、派遣社員は同じ会社に3年までしか継続して派遣契約を結ぶことができないという決まりがあるのです。つまり、派遣社員として派遣先で働き始めて3年が経過したら、そこで派遣契約は終了となります。では、その後どうなるかというとひとつは派遣契約終了となり、また別の派遣先を探す方法です。そしてもうひとつは、派遣契約終了と共に派遣先企業から契約社員、または正社員として直接雇用してもらう方法です。どう考えても後者の方が良いですが、実際には前者の方が多いパターンとなる傾向があります。そもそもなぜこの3年ルールが存在しているのでしょうか。

派遣社員の3年ルールが労働派遣法で定められている理由は、労働者を守る為です。派遣社員と正社員の大きな違いは、正社員の場合はなにか問題がない限り簡単にクビにすることはできません。しかし、派遣社員の場合には決まった契約期間があり、企業側が契約更新しないといえばそれで派遣社員を簡単に切ることができます。つまり、企業としては派遣社員はとても都合の良い労働力なのです。ですから、この3年ルールがなかった場合には、企業は派遣社員ばかり雇用してずっと派遣社員のままにし、人員削減したくなったら契約を更新しない、ということが想定できます。

しかし、それでは労働者はいつ契約が切られてしまうかわからない不安定な派遣社員ばかりになってしまいます。そうしたことにならないようにする為に、この3年ルールがあるのです。しかし、結局は企業は3年経過したら派遣社員の契約を更新せず、新たにまた別の派遣社員を雇用するだけなので、現実的にはあまり意味があるルールとは言えません。結局は企業側の都合で契約を更新したりしなかったりされてしまうのが派遣社員なのです。

派遣社員は3年ルールというものに縛られながら働きますが、3年経過したら必ず正社員になれるというものではありませんので、だらだらと長く働き続けるのはおすすめしません。もし、正社員への道を目指すのならば、紹介予定派遣を希望したり、一定期間派遣社員として就業してみても正社員になれる見込みがないと判断したなら、契約期間満了と同時に別企業への派遣を希望するのもひとつの手です。また、派遣社員として働きながら個人的に就職活動をするのも良いでしょう。

派遣社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 派遣社員の悩み解決110番 All Rights Reserved.